NYAN CAREER

インターネット・Web業界の「知る人ぞ知る」優良企業まとめ

Contents(目次)

就活や転職で自己応募をする際に役立つ、インターネット業界・Web業界の「知る人ぞ知る」優良企業をまとめました。業績好調な企業だけでなく、今後の積極的な投資・チャレンジが期待できる優良企業を中心にご紹介します。

※企業は創業(設立)年の古い順にご紹介します。

インターネット・Web業界の「知る人ぞ知る」優良企業

デジタルガレージ(1995年設立)

デジタルガレージはインターネット黎明期の1995年に林郁氏と 伊藤穰一氏が2人で設立した会社です。同社の歩みはインターネットの成長と共にあります。

“1994年、日本で最初の個人ホームページを作成したときから始まったDGの歴史は、常に時代を先取りしながらインターネットの成長と共に歩んできました。ロボット型検索サービス、Eコマースサイトの構築、決済・物流プラットフォームの提供、ブログ検索、CGMと広告の融合、ソーシャルメディアの運営支援、そして決済プラットフォームのアジア展開。こうした最先端のインターネットビジネスと常に関わりながら蓄積してきた経験と実績がDGの強みであり、付加価値の高いコンテクストを生み出す源泉となっています”

参考:Digital Garage(デジタルガレージ)|沿革

デジタルガレージの決算情報(IFRS)※単位は百万円

<収益(税引き前利益)>
・2022年3月期:72,955(45,393)
・2021年3月期:40,478(14,317)
・2020年3月期:36,936(10,008)
・2019年3月期:35,687(13,424)
・2018年3月期:25,503(8,376)

<セグメント別の収益(税引き前収益)>
・ファイナンシャルテクノロジー
 2022年3月期:10,762(4,548)
 2021年3月期:9,666(4,118)
 2020年3月期:8,609(4,049)
 2019年3月期:7,447(3,349)

・マーケティングテクノロジー
 2022年3月期:13,031(883)
 2021年3月期:13,049(735)
 2020年3月期:15,375(1,853)
 2019年3月期:12,922(1,215)

・インキュベーションテクノロジー
 2022年3月期:32,787(31,215)
 2021年3月期:11,482(10,264)
 2020年3月期:4,868(3,563)
 2019年3月期:8,022(6,889)

・ロングタームインクべーション
 2022年3月期:4,567(1,380)
 2021年3月期:5,931(2,653)
 2020年3月期:7,929(4,701)
 2019年3月期:7,133(4,378)

メンバーズ(1995年設立)

メンバーズは2008年前後に2期連続赤字・離職率25%・株価低迷・上場廃止基準抵触と倒産の危機を迎えるも「企業向け総合Webマーケティング支援会社」から「大企業に特化したWebサイト運用会社」に集中することで危機を乗り越え、今もなお、成長を続けています。

メンバーズの決算情報(IFRS)※単位は百万円

<売上収益(税引き前利益)>
・2022年3月期:14,938(1,876)
・2021年3月期:12,087(1,261)
・2020年3月期:10,607(1,249)
・2019年3月期:8,857(968)
・2018年3月期:7,403(667)

ガイアックス(1999年設立)

ガイアックスは「人と人をつなげる」ことをミッションに掲げ、設立当初からソーシャルメディア分野のサービスを手掛け、近年ではシェアリングエコノミー分野に進出しています。

カーブアウト戦略(子会社や事業部門をベンチャー企業として独立させ、収益改善や事業成長を図る経営戦略)によって業績数値に大きな変動がありますが、カーブアウト戦略を採った事業については営業投資有価証券としてその事業の成長分のリターンを回収していく予定です。

<投資先企業>
・カーブアウト
アディッシュ、TRUSTDOCK、EDGE

・卒業生起業
ピクスタ(PIXTA)、アドレス(ADDress)、Photosynth (フォトシンス)

・投資支援
Unito、巻組、Timee(タイミー)

ガイアックスの決算情報 ※単位は百万円

<売上高(営業利益)>
・2021年12月期:2,196(△195)
・2020年12月期:2,445(173)
・2019年12月期:2,015(△303)
・2018年12月期:2,663(187)

<セグメント別の売上高(営業利益)>
・ソーシャルメディアサービス事業
 2021年12月期:1,501(305)
 2020年12月期:1,501(348)
 2019年12月期:1,482(344)
 2018年12月期:1,575(454)

・インキュベーション事業
 2021年12月期:703(△193)
 2020年12月期:952(119)
 2019年12月期:548(△368)
 2018年12月期:1,107(△15)

トレンダーズ(2000年設立)

トレンダーズは2007年にインフルエンサーサービスを開始以来、プラットフォームの変遷やトレンド (ブログ/Youtube/Instagram/Twitter/Pinterest/TikTok) に迅速に対応し、最先端かつ効率的なインフルエンサーマーケティングを実現しています。

2022年3月期通期決算は売上高が前期比約2倍へと大きく飛躍。ますます高まるSNSマーケティング需要を捉え、マーケティングソリューション領域(インフルエンサー・MimiTV・SNS広告)が大幅に成長しています。

トレンダーズの決算情報 ※単位は百万円

<売上高(営業利益)>
・2022年3月期:6,557(593)
・2021年3月期:3,333(457)
・2020年3月期:3,079(227)
・2019年3月期:2,878(483)
・2018年3月期:2,165(346)

マクロミル(2000年設立)

ネットリサーチ事業で知られるマクロミルは2004年にマザーズ上場。2009年に韓国、2011年に中国で事業開始するなど海外展開を進め、今では、全世界に40以上の拠点と2,000名を超えるメンバーを有するグローバル企業に成長しています。

マクロミルの決算情報 ※単位は百万円

<売上高(営業利益)>
・2021年6月期:43,175( 5,362)
・2020年6月期:41,270(396)
・2019年6月期:44,279(7,751)
・2018年6月期:40,024(7,607)
・2017年6月期:35,514(6,825)

アトラエ(2003年設立)

アトラエ(旧社名:I&Gパートナーズ)は組織力重視の多角化戦略を武器に、IT・Web業界特化型求人メディア「Green」、人工知能を活用したビジネスパーソン向けマッチングアプリ「yenta」、組織改善プラットフォーム「wevox」等の事業を手掛けています。

アトラエの決算情報 ※単位は百万円

<売上高(営業利益)>
・2021年9月期:4,464(1,010)
・2020年9月期:3,430(732)
・2019年9月期:3,229(710)
・2018年9月期:2,306(691)
・2017年9月期:1,830(560)

エニグモ(2004年設立)

エニグモの中核事業である 「BUYMA(バイマ)」はパーソナルショッパー業務(出品商品の買付)を個人に開放してソーシャル化した、従来のビジネス構造と異なる新しい価値を提供するCtoC型プラットフォームとして知られています。

近年では、海外旅行者に対して海外在住の日本人が現地でのプライベートツアーを提供できるサービス「BUYMA TRAVEL」や会員数968万人を超えるBUYMAの購買データに基づいたリアルな情報を発信するファッションメディア「STYLE HAUS(スタイルハウス)」などの事業も展開しています。

エニグモの決算情報 ※単位は百万円

<売上高(営業利益)>
・2022年1月期:7,616(2,979)
・2021年1月期:7,077(3,030)
・2020年1月期:6,097(2,692)
・2019年1月期:5,283(2,143)
・2018年1月期:4,492(1,556)

Unipos(2005年設立)

Unipos(旧社名:Fringe81、旧旧社名:RSS広告社)は2021年10月1日に社名をUniposに変更するとともに、2021年3月期に全体売上の約8割を占めていた広告事業を終了。2022年3月期に抜本的な構造改革を実施。2022年3月期のUnipos事業の売上高は577百万円となり、前期比+45.4%と順調に成長している状況です。

コスト改善をしつつもUnipos成長のための投資は継続するため、2023年3月期のは△1,154百万円となる見込み。

※「Unipos」は共に働く仲間と送り合う新しい成果給 “ピアボーナス” を実現するwebサービス・アプリケーションです。

Uniposの決算情報 ※単位は百万円

<売上高(営業利益)>
・2022年3月期:1,453(△1,216)
・2021年3月期:1,964(△517)
・2020年3月期:6,371(△478)
・2019年3月期:6,828(213)
・2018年3月期:6,340(335)

じげん(2006年設立)

じげんは「生活機会の最大化」の基本理念を達成するために、人材・不動産・自動車・旅行といった市場規模が大きく、生活に密着した既存産業を事業ドメインに設定したメディアプラットフォームを展開しています。

じげんの決算情報 ※単位は百万円

<売上高(営業利益)>
・2022年3月期:15,272(3,314)
・2021年3月期:12,564(△1,062)
・2020年3月期:13,199(3,806)
・2019年3月期:12,854(4,077)
・2018年3月期:10,267(3,322)

ユーザベース(2008年設立)

ユーザベースは2009年に企業・業界情報のプラットフォーム「SPEEDA」、2013年にはソーシャル経済メディア「NewsPicks」をリリース。

「SPEEDA」や「FORCAS」などのSaaS事業とNewsPics事業は堅調に成長を続けています。

ユーザベースの決算情報 ※単位は百万円

<売上高(営業利益)>
・2021年12月期:16,063(1,576)
・2020年12月期:13,809(△281)
・2019年12月期:12,521(△1,236)
・2018年12月期:9,340(830)
・2017年12月期:4,565(545)

ココナラ(2012年設立)

ココナラは「知識・スキル・経験」を売り買いできるスキルマーケット「ココナラ」の運営・開発事業を手掛けています。2021年3月19日に上場し、更なる成長に向けた投資を積極的に続けています。

ココナラの決算情報 ※単位は百万円

<営業収益(営業利益)>
・2021年8月期:2,746(89)
・2020年8月期:1,775(△80)
・2019年8月期:1,138(△1,038)

執筆者はこの人!

ジョブ吉
ジョブ吉

就活支援のプロ。自分のキャリアを考える機会を増やすことで“くじ引き”と言われる初職選びで外れくじを減らすことができると信じている派です。Twitterはこちら

公開日 2019-07-18 最終更新日 2022-07-03

Popular Posts

Funny Cat