面接の逆質問の作法、あるいは方法論

Pocket

面接で逆質問が苦手。
逆質問で何をどう聞けば良いのか分からない。
逆質問はしなくても大丈夫?

就活や転職の面接で頭を悩ませる逆質問についての作法、逆質問の方法論をご紹介します。

面接の逆質問の作法を知らない猫

<目次>

  • 面接の逆質問の作法、あるいは方法論
    1. 逆質問で聞くべきこと
    2. 逆質問はしなくても大丈夫?
    3. 逆質問で欲しい情報を得る方法
    4. 評価されやすい逆質問例
    5. 逆質問のNG例

面接の逆質問の作法、あるいは方法論


1. 逆質問で聞くべきこと

逆質問ではどんなことを聞けば良いのか。

その答えはシンプル。自分の知りたいと思うことを聞けば良いのです。面接はお互いのことを知る場でもありますから遠慮はいりません。

面接官があなたに対して根掘り葉掘り質問を重ねてきたように、あなたも面接官に対して逆質問で知りたいことを全力でぶつけましょう。

2. 逆質問はしなくても大丈夫?

面接官から「質問はありますか?」と逆質問の機会をもらった際に「特に質問はありません」と答えるのはおすすめできません。

携帯電話ショップの店員や役所の窓口担当者が「質問はありますか?」と聞くシチュエーションでは、質問をしないことが「あなたの説明は理解しました」というシグナルになります。

しかし、面接官が「質問はありますか?」と聞くシチュエーションにおいては、逆質問をしないことが「無関心」と取られてしまうのです。

つまり、「特に質問はありません」という回答は、面接官から「あー、この人はウチの会社に興味がない(志望度が低い)のね」と思われてしまうリスクが高くなります。

会社に興味があれば(志望度が高ければ)、何かしらの知りたいこと、知らなければならないことがあると思います。

3. 逆質問で欲しい情報を得る方法

逆質問は情報収集の大チャンスです。

この好機を活かし、自分が欲しい情報を得るための方法を「3人の逆質問例」を交えながら説明します。

まずは、Aさんの逆質問から。

<逆質問例>
Aさん:御社の法人営業部内の配属に関して、詳しく教えて頂けますでしょうか?

Aさんの逆質問内容は曖昧です。

このような質問されると、面接官は「営業組織の構成について答えれば良いのか、配属の流れについて答えれば良いのか、配属を決める基準について答えれば良いのか、一体何をどう答えれば良いのだろうか?」と困惑します。

当然、あなたが欲しい情報を得ることも難しくなります。

次に、Bさんの逆質問。

<逆質問例>
Bさん:御社の法人営業部内の配属に関して、企業HPの情報を拝見する限り、顧客の業種によってチームが分かれるようですが、どのような基準で配属先が決定されるのでしょうか?

Bさんの逆質問は具体的です。

このような質問であれば、面接官は「配属先を決定する基準について答えれば良いな」と理解できるので、配属先を決定する基準についての一般的な情報を答えることができます。

あなたが欲しい情報を得られる可能性はグッと高くなります。

最後に、Cさんの逆質問。

Cさん:御社の法人営業部内の配属に関して、企業HPの情報を拝見する限り、顧客の業種によってチームが分かれるようですが、私は大学時代に情報技術を学んでいたので可能であれば自分の強みや興味関心を最大限発揮できるIT業界向けのサービス展開をしているDチームへの配属を希望しています。チーム配属に関してはどのように決定するのでしょうか?

Cさんの逆質問は具体的で意図が明確です。

「自分の強みや興味関心を発揮したいのでIT業界向けのサービス展開をしているDチームへの配属を希望している」という逆質問の意図が明確なので、

面接官は「Cさんが希望するDチームへの配属可能性を考慮しながら、配属先を決定する基準を説明しよう」と、Cさんの意図を踏まえた個別具体的な情報を提供することができます。

自分が欲しい情報を得るための逆質問は、具体的で意図が明確な逆質問が最強です。

4. 評価されやすい逆質問例

逆質問は欲しい情報を得る手段だけでなく、評価を高める手段にもなり得ます。これからご紹介する方法を実践してみましょう。

・将来活躍するための条件について逆質問をする

その企業で将来活躍するための条件について逆質問をすることで、面接官は「意欲的だな」「熱意がある」「先を見据えていて頼もしい」といった印象を抱きやすくなります。

<逆質問例>

  • 将来的にリーダーやマネジメントとして貢献したいと考えているのですが、御社で活躍されている社員様に共通することについて教えていただけますか?

・面接官個人のことについて逆質問をする

面接官個人のことについて逆質問をして、面接官の回答内容に共感を示すことで、面接官は「自分に興味を持ってもらえている」「自分とウマが合う=自社にマッチしそう」と感じ、あなたに良い印象を持ちやすくなります。

<逆質問例>

  • ○○様(面接官の名前)が、●●社(企業名)を志望された理由を教えていただけますか?
  • ○○様(面接官の名前)にとって、仕事でやりがいを感じるのはどのような場面でしょうか?
  • 御社の企業文化が体現されていると感じたエピソードがあれば教えていただけますか?

5. 逆質問のNG例

逆質問は、あくまでも面接の一部です。不用意な発言をしてマイナスに評価されることのないように、これからご紹介する逆質問のNG例に気をつけましょう。

・逆質問のNG例1:ネットを調べれば分かることの逆質問

ネットに一般公開されている情報を知らないということは、情報収集力(リサーチ力)がない=能力面のマイナス評価と、やる気を感じられない=志望度面のマイナス評価を招きます。

・逆質問のNG例2:事務的な確認事項の逆質問

「選考結果はいつわかりますか?」「選考スケジュールについてお聞きしたいのですが…」などの事務的な確認事項は、面接終了後に聞けば済む話です。

貴重な逆質問の時間を無駄に使っている=コミュニケーション力(質問力)が低いと評価されても仕方ありません。

・逆質問のNG例3:待遇や福利厚生の逆質問

待遇や福利厚生を知りたがるということはTake視点(自分がどんな得をするのか?)ですが、面接で問われるのはGive視点(自分がどんな貢献をできるのか?)です。

面接中にTake視点の話をしてしまうと、面接官は「この人は自分が得することを考えていて貢献する意識が弱いな」という具合にマイナス評価を招いてしまいます。

逆質問は面接の一環なので、終始、Give視点に徹するようにしましょう。

ちなみに、待遇や福利厚生で深く知りたいことがあれば、内定後に聞くことをおすすめします。あるいは、口コミサービスで調べてみるのも有りです。

<参考情報>
【おすすめ】就活や転職に使える口コミサービス|ニャンキャリア

(ジョブ吉)

Pocket

スポンサーリンク