【就活寓話】3人のリツイート職人

Pocket

むかしむかし、とあるツイッタランドに、腕利きのリツイート職人が集まる「ヒウィッヒヒー横丁」と呼ばれる場所がありました。

そこへ、ひとりの猫人が迷い込みました。

リツイート職人を探す猫

<目次>

  • 1人目のリツイート職人
  • 2人目のリツイート職人
  • 3人目のリツイート職人
  • あとがき

1人目のリツイート職人


猫人は、兎(うさぎ)人のリツイート職人に興味本位で尋ねました。

<会話シーン>

猫人:あなたの仕事は何ですか?

兎人:おぅ、リツイート職人だよ。

猫人:何のためにリツイートをするのですか?

兎人:リツイートは『作業』なんだよ。

猫人:作業?

兎人:そうだよ。もういいか?  俺は忙しんだ。

猫人:さ。

兎人:?

猫人:し。

兎人:・・・

猫人:す。

兎人:・・・

猫人:せ。

兎人:・・・

猫人:そ。

兎人:サ行?

猫人:正解ッ!

兎人:俺は忙しんいんだぁよぉおおおおおお!


2人目のリツイート職人


猫人は、狐(きつね)人のリツイート職人に興味本位で尋ねました。

<会話シーン>

猫人:あなたの仕事は何ですか?

狐人:リツイート職人よ。

猫人:何のためにリツイートをするのですか?

狐人:ふふっ、あなたって野暮なことを聞くのね。リツイートに『目的は無い』のよ。そこにリツイートボタンがあるからリツイートをする。それだけのことよ。

猫人:なるほど、リツイートをするという手段が目的化しているのですね?  あなたは、一日中リツイートしていないと気がすまないタイプでしょ?

狐人:そうね。

猫人:それは一種の病気ですね。でも、まぁ治りますよ。風邪のようなものですから。

狐人:そうね。

猫人:風邪のようなものですから。

狐人:そ、そうね。

猫人:風邪。

狐人:・・・。

猫人:おい、ここで「コン…コン…」って咳をしないと締まるものも締まらないんだよッ、このトウモロコシ野郎が!

狐人:えっ

猫人:このトウモロコシ野郎が!

狐人:コ、ココココ…コーン?

猫人:あらやだ、やればできるじゃないの。


3人目のリツイート職人


猫人は、犬人のリツイート職人に興味本位で尋ねました。

<会話シーン>

猫人:あなたの仕事は何ですか?

犬人:リツイート職人です。

猫人:何のためにリツイートをするのですか?

犬人:旅人さん、僕はフォロワーのためにリツイートをしているんです。リツイートで『人を喜ばせたい』。ただそれだけのことです。

猫人:ほほう。

犬人:それに……

猫人:はい?

犬人
:ツイートは何をつぶやけばいいのか難しくて分からぁなぁあああいッ!!!(激昂)

猫人:ヒェッ

犬人:でしょ〜?(笑顔)

猫人:あっ、はい。

犬人:なんかいい感じに「いいね!」をされるツイートなんて難しくて分からぁなぁあああああいッ!!!(激昂)

猫人:ヒェッ

犬人:でも、リツイートをすると世界は変わる(真顔)

猫人:・・・

犬人:なんかいい感じに「いいね!」をされちゃうんです(迫真)

猫人:・・・

犬人:すごいぜっ、リツイート!(感動)

猫人:リツイート、だぁいすき!

おしまい。


あとがき


同じリツイート職人でも、リツイートをすることの意味付けは様々です。

<意味付けの例>

  • 作業(生きるための手段)
  • 目的は無い(手段自体が目的)
  • 人を喜ばせるため(目的達成の手段)

あなたの就活や転職はどうでしょうか?  就活や転職にどんな意味付けをしていますか?

(池田 信人)

Pocket

スポンサーリンク