ヘルステック事業に挑戦している優良企業まとめ

Pocket

ヘルステックという言葉をご存じでしょうか?

健康(Health)と技術(Technology)を組合せた造語がヘルステックであり、この言葉の定義・解釈は様々ですが、この場においては健康とITが重なり合う事業領域をヘルステックと呼ぶことにします。

今回は、このヘルステック事業に挑戦している優良企業をまとめました。医療業界や健康管理ビジネスに興味のある方にお勧めです。

<目次>

  • ヘルステック事業に挑戦している優良企業まとめ
    ・エムスリー
    ・アルム
    ・メドピア
    ・メドレー
    ・iCARE
    ・リーズンホワイ
    ・ドコモ・ヘルスケア
    ・FiNC Technologies
    ・Moff
    ・クリプラ
    ・エクスメディオ
    ・シェアメディカル
    ・キュア・アップ
    ・DeNAライフサイエンス
    ・トリプル・ダブリュー・ジャパン
    ・ネクストイノベーション
    ・カケハシ
    ・Ubie

※最終更新日:2020年7月23日


ヘルステック事業に挑戦している優良企業まとめ


エムスリー

エムスリー(2000年設立)は27万人以上の医師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト「m3.com」を展開しています。

アルム

アルム(2001年設立)は訪問看護・介護現場のコミュニケーションをMobile×Cloudで変える訪問看護・介護事業者向けタブレットアプリ「Kaigo」と「kango」を展開しています。

メドピア

メドピア(2004年設立)は医師の3人に1人が参加する医師専用の医療サイト「MedPeer」を展開しています。

メドレー

メドレー(2009年設立)は日本最大級のオンライン診療システム「CLINICSオンライン診療」 を中核とした医療プラットフォーム事業を展開しています。

iCARE

iCARE(2011年設立)は国内導入数No.1の健康労務クラウド「Carely」を展開しています。

リーズンホワイ

リーズンホワイ(2011年設立)はがんの治療法に悩んでいる方にがんの専門医からの意見をインターネットでお届けする”ネット型”セカンドオピニオンサービス「Findme」を展開しています。

ドコモ・ヘルスケア

ドコモ・ヘルスケア(2012年設立)は手首につけるだけで毎日の歩数などの活動量や睡眠状態がわかるウェアラブル活動量計「ムーヴバンド」を展開しています。

FiNC Technologies

FiNC Technologies(2012年設立)はパーソナルトレーナーAI内蔵のスマートフォン向けヘルスケアアプリ「FiNC」を展開しています。

Moff

Moff(2013年設立)はウェアラブル端末「モフバンド」の開発・販売、及び、Moffバンドが提供する最先端のトレーニング、レクリエーションの介護予防プログラム「モフトレ」を展開しています。

クリプラ

クリプラ(2013年設立)は医療者の業務効率を高めるクラウド電子カルテ「CLIPLA(クリプラ)」を展開しています。

エクスメディオ

エクスメディオ(2014年設立)は医師のための臨床互助ツール「ヒポクラ × マイナビ」を展開しています。

シェアメディカル

シェアメディカル(2014年設立)は機微な医療情報を医療者がオンラインで安全にやりとりするために設計されたメディカルメッセージングサービス「MediLine」を展開しています。

キュア・アップ

キュア・アップ(2014年設立)は「治療アプリ」という革新的な治療用ソフトウェア機器を開発・診療現場に導入することで、これまでの医療が生み出せなかった新たな治療効用を創出し、病気の最中にある患者様の「いのち」を支える存在になりたいと考え、様々な製品を展開しています。禁煙治療のための医療機関向けアプリ「CureApp禁煙」はその一つです。

DeNAライフサイエンス

DeNAライフサイエンス(2014年設立)は「がん」や「生活習慣病」等に関する遺伝子を唾液で簡単に検査できる遺伝子検査「MYCODE」を展開しています。

トリプル・ダブリュー・ジャパン

トリプル・ダブリュー・ジャパン(2015年設立)は「バイタルテクノロジーで “Live Your Life” を実現する」ビジョンを掲げて、排泄の悩みや負担を軽減するソリューション「DFree」を展開しています。

ネクストイノベーション

ネクストイノベーション(2016年設立)はピルのオンライン診察サービス「スマルナ」を展開しています。

カケハシ

カケハシ(2016年設立)は薬局業務の最適化による患者さんのより良い薬局体験を目指して開発された、電子薬歴・服薬指導システム「Musubi」を展開しています。

Ubie

Ubie(2017年設立)は “テクノロジーで人々を適切な医療に案内する” をミッションに掲げて、適切な医療のかかりかたをサポートする「AI受診相談ユビ-」と医療機関の働き方改革をサポートする「AI問診Ubie」を展開しています。


優良企業の判断基準


優良企業まとめシリーズでは下記の基準を総合的に評価した上で、掲載判断をしています。

1. 業績

売上や利益は全てを癒す。

企業の業績が好調であることは、巡り巡って、個人の待遇や労働環境、キャリアデザインに好影響を与えます。

2. 挑戦

ビジネスとは下りのエスカレーターを駆け上がるようなもの。

企業は常に新しい挑戦をすることでこそ長期的な経営の安定状態を獲得できます。挑戦とは、新規事業への挑戦や投資アクション(採用活動の実施や広告予算の積極投資等 )を指します。

3. 競争優位性

競合他社との競争の中で戦っていく上では独自の強みを持つことが大切です。

その強みは、商品力・ブランド・市場シェア・資本力といった外形的なものもあれば、経営のリーダーシップや組織機能の強み(技術開発力・マーケティング力・営業力・オペレーション力)のようなものまで多岐に渡ります。


まとめ


優良企業まとめ(本コンテンツ)はテーマ単位で優良企業を紹介する企画です。

就活や転職では、企業は規模・知名度・待遇等の固定的な角度から評価されがちですが、少し違った角度から光を当てることで、魅力的に見える優良企業は世の中にたくさんあります。

今回ご紹介した優良企業の中に、あなたにとって気になる企業が見つかったのであれば、心より嬉しく思います。

(ジョブ吉)

Pocket

スポンサーリンク