B2BとかB2CとかB2B2CとかC2CとかO2OとかD2CとかC2Bとか

Pocket

就活や転職シーンでは、様々なビジネス用語に遭遇します。

B2BとかB2CとかB2B2CとかC2CとかO2OとかD2CとかC2Bとかのビジネス用語が分からない猫

アルファベット3文字を適当に並べると、だいたい何かしらのビジネス用語になると言われるぐらいに、ビジネス用語の量は膨大です。

もちろん、 全てのビジネス用語を網羅しているビジネスパーソンなんていませんし、網羅する必要もないので、個人的に「この用語は知っておくとお得」な用語としてビジネス形態に関する用語を今回ご紹介します。

誰が誰を相手に商売をしているのか、どんなビジネスモデルなのか、というビジネスの根っこを押さえる上で役立つ用語集です。

<目次>

  • B2BとかB2CとかB2B2CとかC2CとかO2OとかD2CとかC2Bとか
    – B2C(BtoC)
    – B2B(BtoB)
    – B2B2C(BtoBtoC)
    – C2C(CtoC)
    – O2O(OtoO)
    – D2C(DtoC)
    – C2B(CtoB)

B2BとかB2CとかB2B2CとかC2CとかO2OとかD2CとかC2Bとか


B2C(BtoC)

B2Cは企業対消費者間取引(Business to Consumer)の略語。B2Cのお客様は消費者になるのでTVCMなどによる大々的な広告宣伝活動が必要不可欠。

ゆえに、B2C事業を手掛ける企業は、消費者から名前を覚えられやすい企業群であり、就職人気ランキング上位の多くはB2C事業会社です。

B2B(BtoB)

B2Bは企業間取引(Business to Business)の略語。B2Bのお客様は法人企業なので一般消費者としての生活圏内ではあまりお目にかかりません。

B2Bにはどんな企業があるのか? 

例えば、企業活動を継続していく上での経営資源として挙げられる「ヒト・モノ・カネ」の各カテゴリで分けると以下のようになります。

  • ヒトの支援:コンサル業界、人材業界(採用・教育研修・アウトソーシング)
  • モノの支援:メーカー(部品・素材・装置・IT機器)
  • カネの支援:金融業界(銀行・証券・運用・保険・VC)

ちなみに、B2CとB2Bの両方の事業を展開している企業はたくさんあります。気になるB2C企業があれば「B2Bの事業を何かしていないかな?」と調べてみることをお勧めします。

B2B2C(BtoBtoC)

B2B2Cは Business to Business to Consumer の略語。広義には「B2Cの事業を支援する事業」という意味で、メーカー(B2C事業会社)の流通の効率化支援をする問屋(卸売業者)のビジネス形態が有名です。

狭義には「EC(電子商取引・eコマース)で消費者との取引を担う事業」を意味し、ECで最終的な商品発送を担う流通業などが一例に挙げられます。ZOZOTOWNやAmazon、楽天市場などのECのマーケットプレイスモデルもB2B2C。

流通を制するものは市場を制するとはこのことですね!

C2C(CtoC)

C2Cは消費者間取引(Consumer to Consumer)の略語。ECを主体とした取引で、ネットオークションやシェリングエコノミー系のサービスが有名です。

<参考情報>
シェアリングエコノミー事業に挑戦している優良企業まとめ

ちなみに、C2Cを手がける企業はマッチングプラットフォームのプラットフォーマーとして手数料で儲けています。いわゆる、チャリンチャリンビジネスですʕ•ᴥ•ʔ

O2O(OtoO)

O2Oは Online to Offline の略語。これもECを主体とした取引で、オンラインとオフラインで購買活動が連携する事業を指しています。

例えば、SmartNewsのクーポンチャネルは、オンライン上でお買い得情報を見たユーザーが実店舗を利用する流れを作っています。一世を風靡した伝説のグルーポンもO2O!

D2C(DtoC)

D2Cは Direct to Consumer の略語。B2Cの事業会社であるメーカーは一般的に小売店などの流通に乗せて商品を販売するものですが、そうではなくて、メーカーが直接=ダイレクトに消費者に販売するビジネス形態を意味します。

平たく言ってしまうと、メーカーがECで直販するスタイルなのですが、より厳密には「店舗を持たずに、EC=ネット通販を主要な販売チャネルとするビジネス形態」を指しています。

店舗を持つコストを抑えられる分、商品を安く提供できる点がナウなヤングにバカウケとなっております。

C2B(CtoB)

C2Bは Consumer to Business の略語。消費者が企業に対して商品やサービスを提供するビジネス形態を意味します。例えば、企業の商品やサービスの広告を個人が代行して成功報酬を得るアフィリエイトが有名です。


まとめ


いかがでしたでしょうか?

察しの良い方は気づいたと思いますが、このビジネス形態、ほとんどEC(またはネット)が関わっています。

インターネットが広まりだした1990年代から数えると僅か30年の間で様々なビジネス形態が生まれてきたことになります。これから10年後、20年後にはどのようなビジネス形態が誕生するのか興味深いです。

個人的には企業の副業許可の動きに伴う、個人の副業の多様化の流れの中で、企業がそういった個人を巻き込む形でC2Bのビジネス形態が発展していくように考えています。

(ジョブ吉)

Pocket

スポンサーリンク