福利厚生制度が充実している優良企業まとめ・休暇編

Pocket

休暇に関連する福利厚生制度が充実している優良企業をご紹介します。

福利厚生制度を活用して休暇を取る猫

企業にとって、社員に自社独自の休暇制度を提供することは労働時間を減らすことになるため、制度の導入は簡単なことではありません。

しかし、人と組織の関係性を長期で築く目的においては、働く人のキャリアや人生を思いやる行為として、企業が自社独自の休暇制度を提供することに大きな意味があります。

今回は、社員の休暇を支援するための福利厚生を充実させている企業をご紹介します。

<目次>

  • 休暇に関連する福利厚生制度が充実している優良企業まとめ
    – ヤフー
    – ノバレーゼ
    – VOYAGE GROUP
    – トレンダーズ
    – トライバルメディアハウス
    – エス・エム・エス
    – さくらインターネット
    – ウエディングパーク
    – マクロミル
    – ウルシステムズ
    – ユーザベース

※最終更新日:2019年9月9日


休暇に関連する福利厚生制度が充実している優良企業まとめ


ヤフー

・課題解決休暇
社員には仕事以外の時間でもボランティア活動を通じて誰かの課題解決を行って社会に貢献してほしいと考えており、年度で3日を上限として休暇を取得可能。
なお、多くのボランティア活動は休日に開催されることから、休日に参加した場合、平日に休暇を振替取得可能。

ノバレーゼ

・リフレッシュ休暇制度
3年に一度、スタッフ自身がリフレッシュするために使える30日間の休暇制度。育児や介護など特定の理由を目的とせず自由に取得可能。

・ROCKの日
会社から特別に年2回付与される休暇。企業理念である「Rock your life」から、自分自身や大切な人たちの心をRockする(心動かす、感動させる)ためにある。

・勤続10周年記念海外旅行
勤続年数が10年のスタッフを海外旅行に招待し、長期にわたり当社に貢献した労を称えねぎらう。

VOYAGE GROUP

・リフレッシュ休暇
勤続5年ごとに20営業日の休暇が支給される制度。対象のクルー(社員)が一定期間不在となることで、同部署周辺で業務を行うクルーにとっては業務領域がおのずと広がり、成長機会にも繋がっている。

トレンダーズ

・家族バースデー休暇&お祝い金
社員の家族を大切にする気持ちを込めて、社員の配偶者・子供の誕生日に特別休暇の付与とお祝い金を支給。

・リフレッシュ休暇制度
在籍2年以上の社員に3日間のリフレッシュ休暇を付与。

トライバルメディアハウス

・浮世離れ休暇制度
勤続満5年を迎えた社員に1ヶ月の連続有給休暇を付与するのが浮世離れ休暇。せっかくの長期休暇なので普段できないようなアメイジングな体験をすることを強く推奨している。

エス・エム・エス

・アニバーサリー休暇
年間で1日、自分の好きな日をアニバーサリー休暇として特別休暇を取得することができる。

・ゴールデンウィーク手当
毎年5月のゴールデンウィークに社員がリフレッシュして旅行などに行けるように15万円の手当てを支給。

さくらインターネット

・バカンス休暇
有給休暇と別に、毎年度3日の休日を付与。任意の時期に取得可能。

・記念日休暇
有給休暇と別に、ご家族の誕生日等、指定の記念日に特別有給休暇を取得可能。

・特別有給休暇
結婚・出産・永年勤続の際などに、有給休暇と別に特別有給休暇を付与。

ウエディングパーク

・休んで5(ファイブ)
入社3年目以上の正社員は毎年5日間の特別休暇を取得可能。

・家族へありが10(とう)
自分の家族へ感謝の気持ちを伝える特別休暇(1日)を取得可能。

・祝って22(ふうふ)
結婚記念日(1周年、10周年、25周年)に、お祝い金を2人分付与。

マクロミル

夏期休暇
7〜10月中に2日間の特別有給休暇を付与。

・Happy Holiday
短期リフレッシュおよび入社直後の社員に対する休暇の補填を目的に、年間6日間の特別有給休暇を付与。

・Thanks Holiday
長期勤続に対する慰労を目的として、勤続年数に応じて特別有給休暇(10日、20日、30日)を付与。

ウルシステムズ

・アニバーサリー休暇
年に3日間の記念日を設定して計画的に休暇を取得可能。記念日は本人や家族の誕生日、結婚記念日等、自由に設定可能。

・リフレッシュ休暇
勤続5年毎に5日間連続の有給休暇を取得できる。

・特別休暇
裁判員として選任された場合や、骨髄提供に伴い入院・通院する場合は、必要な時間の休暇を取得できる。

ユーザベース

・ロングバケーション制度
有給休暇とは別に、7日間連続した休暇を年2回取得可能


優良企業の判断基準


優良企業まとめシリーズでは下記の基準を総合的に評価した上で、掲載判断をしています。

1. 業績

売上や利益は全てを癒す。

企業の業績が好調であることは、巡り巡って、個人の待遇や労働環境、キャリアデザインに好影響を与えます。

2. 挑戦

ビジネスとは下りのエスカレーターを駆け上がるようなもの。

企業は常に新しい挑戦をすることでこそ長期的な経営の安定状態を獲得できます。挑戦とは、新規事業への挑戦や投資アクション(採用活動の実施や広告予算の積極投資等 )を指します。

3. 競争優位性

競合他社との競争の中で戦っていく上では独自の強みを持つことが大切です。

その強みは、商品力・ブランド・市場シェア・資本力といった外形的なものもあれば、経営のリーダーシップや組織機能の強み(技術開発力・マーケティング力・営業力・オペレーション力)のようなものまで多岐に渡ります。


まとめ


優良企業まとめ(本コンテンツ)はテーマ単位で優良企業を紹介する企画です。

就活や転職では、企業は規模・知名度・待遇等の固定的な角度から評価されがちですが、少し違った角度から光を当てることで、魅力的に見える優良企業は世の中にたくさんあります。

今回ご紹介した優良企業の中に、あなたにとって気になる企業が見つかったのであれば、心より嬉しく思います。

(ジョブ吉)

Pocket

スポンサーリンク