【おすすめ】OB訪問の就活サービス(人気企業内定者のOB訪問ノウハウ集付き)

Pocket

就活でOB訪問(OBOG訪問)は必須ではありませんが、

業界研究に役立つ、志望動機対策ができる、自分のキャリアを考える機会になる等、OB訪問によって得られるものは数多くあります。

OB訪問の就活サービスを利用中の猫

今回は、現代のOB訪問のスタンダードである「OB訪問の就活サービス」をご紹介します。

そして、就活のOB訪問のやり方についての基本知識、人気企業内定者のOB訪問ノウハウをお伝えします。

<目次>

  • OB訪問の就活サービス
    – Matcher
    – ビズリーチ・キャンパス
    – HELLO, VISITS
  • 就活のOB訪問やり方ガイド
    1. OB訪問の目的
    2. OB訪問を始める時期
    3. OB訪問のやり方
    4. OB訪問で気を付けるべきことは?
  • 人気企業内定者が語るOB訪問ノウハウ
    1. 三菱商事内定者AさんのOB訪問
    2. 電通内定者BさんのOB訪問
    3. みずほ銀行内定者CさんのOB訪問
    4. 伊藤忠商事内定者DさんのOB訪問
    5. 博報堂内定者EさんのOB訪問

OB訪問の就活サービス


学生の評判、登録社会人(企業)の数と質、サービスとしての安全性の観点でおすすめのOB訪問の就活サービスをご紹介します。

Matcher

Matcher株式会社(2015年設立)はOB・OG訪問マッチングサービス「Matcher」を運営しています。

特徴

・社会人のプラン( 就活相談にのるので〇〇してくれませんか?)に申込むスタイル
・出身大学に関係なくOB訪問ができる
・企業公認でない社会人も利用している(色々な社会人と出会える)


ビズリーチ・キャンパス

「ビズリーチ・キャンパス」は株式会社ビズリーチ(2007年設立)が運営するOB/OG訪問ネットワークです。

特徴

・大学専用サービス(ゼミや学科などのバックグラウンドが同じ先輩と繋がれる)
・自分のプロフィールに最適なOB/OGをお勧めしてくれる
・就活に役立つ登録者限定イベントに参加可能


HELLO, VISITS

「HELLO, VISITS」はVISITS Technologies株式会社(2014年設立)が運営する、人生を切り拓くきっかけを提供するコ・クリエーション(共創)コミュニティです。

特徴

・社会人側のプロフィールが充実
・企業の認可を受けた公認社会人のみ登録しているので安全性が高い
・キャンパスエリアに無料のコミュニティスペース有り(主に都内)


就活のOB訪問やり方ガイド


知っているようで知らない、分かっているようで実は誤解しているだけなのかもしれない、OB訪問についてのノウハウをまとめました。

1. OB訪問の目的

OB訪問は業界・企業・仕事研究や志望動機対策に役立つ

OBは各自が所属する業界や企業・仕事の現場で働く人であり、現場で働いている人から見える景色はリアルです。

  • 業界が抱える構造的な問題や課題
  • 企業のビジョンや戦略
  • 仕事のやりがいや難しさ
  • 社風や働きやすさ

OBが語るこれらの一次情報は、インターネットを検索しても見つからないことが多いという意味で情報価値が高く、業界研究や企業研究、仕事研究や志望動機対策に大いに役立てることができます。

OB訪問はキャリアを学ぶ場

OBは各自がこれまで歩んできたキャリアストーリーを持っています。

日常の学生生活の範囲内ではなかなか出会えないOBとの出会いと通じて、彼・彼女のキャリアストーリーを聞くことをきっかけに、

・自分はなぜ働くのか?
・どのように働きたいのか?
・どんなキャリアを歩みたいのか?

を自問自答しましょう。

2. OB訪問を始める時期

OB訪問はいつ始めても良い

OB訪問はいつ始めても大丈夫です。世間一般的なOB訪問のピーク面接解禁時期の数カ月前と言われますが、それより前から始めている人もいます。

大切なことは「あなたが会いたいOBに会うこと」です。世間一般のOB訪問シーズンなどに惑わされずに、OB訪問の就活サービスを定期的にチェックし続けてタイミングを逃さないようにしましょう。 

OB訪問に向かない時期はある

OB訪問には向かない時期があります。それは月末や期末(3月末)です。企業組織は月次で目標管理をしているケースが一般的なので、月末や期末は追い込みをかけている=多忙であることが多いです。

OB訪問時の日程調整で希望日程を提示する場合は、そういった時期をできるだけ避けるようにしましょう。 

OB訪問を早期に始めるメリット

OB訪問を早期に始めることのメリットは、ロングスパンでキャリアについて考えることができる点にあります。

初めての就職活動で自分にとっての良い企業を引き当てることは「くじ引き」を当てるようなものであるという言葉がありますが、ロングスパンで自分のキャリアについて考えることを通じて「くじ引き」の当選確率を高めることができると思います。

3. OB訪問のやり方

OB訪問の就活サービスを利用する以外にもOB訪問をする方法はあります。あなたの使いやすい方法でOB訪問をしてみましょう。 

キャリアセンターを利用する

OB訪問といえばキャリアセンター(大学の就職課)に相談する方法が一般的です。卒業生名簿やデーターベースから会いたいOBを探してみましょう。 

部活やサークルの先輩を頼る

部室やサークル室に頻繁に顔を出すOBの方は「俺を頼ってくれ」と顔に書いてあることが多いので遠慮なく頼りましょう。 

教授や研究室・ゼミの先輩に相談する

慣れ親しんだ部活やサークルの先輩と比べると心理的ハードルが高いかもしれませんが、教授や研究室・ゼミの先輩に相談するのも手です。 

企業の人事部に連絡する

あまり一般的ではありませんが、企業のWebサイト(または就活サイトに掲載されている問合せ先アドレス)からOB訪問をさせていただけないかを問い合わせる方法があります。

4. OB訪問で気を付けるべきことは?

セクハラに気を付ける

OB訪問を悪用する社会人は少なからず存在します。OB訪問の就活サービスでも水際対策を講じていますが、その対策に安心せずに、自衛意識をしっかりと持つことが大切です。いくつか自衛のポイントを挙げますので参考にしてみてください。

  • 企業公認のOBとだけ会うようにする
  • OB訪問時に飲酒しない(夜間のOB訪問を避ける)
  • オンライン面談を活用する

また、OB訪問で出会う社会人には、学生一人の選考を優遇する力はありませんので「受かりたければ・・・」という脅し文句に騙されないようにしましょう。

万が一、そういった発言を受けた場合は、その社会人の所属企業に速やかに報告しましょう。まっとうな企業であれば誠実に対応してくれるはずです。


人気企業内定者が語るOB訪問ノウハウ


人気企業の内定者が、

  • どのようにアポイントを取ったのか?
  • どういった事前準備をしていたか?
  • どんなことを質問していたのか?

その具体的な内容を知ることは、OB訪問に対する心理的ハードルを下げることはもちろん、効率的で効果的なOB訪問を実現します。

ぜひ、自身のOB訪問に活かしましょう。

1. 三菱商事内定者AさんのOB訪問

OB訪問のアポイントメントの取り方

研究室の先輩に紹介していただき、電話で調整させていただいた。 

OB訪問の事前準備・気をつけたこと

志望動機、自己PRは言えるようにしておくのは当然のこと、質問用紙を作成し事前にメールで送らせていただいた。面接官と話すくらいの緊張感を持って臨むようにした。  

OB訪問時の質問内容

  • 職種名、仕事内容、社内での略歴 
  • 部署の雰囲気 
  • やりがいや面白さ感じたのはどういう時? 
  • 仕事上のジレンマ・悩み
  • 入社動機、それは満たされたか? 
  • 入社前後の企業イメージギャップ 
  • 理不尽な命令、ノルマ、上下関係の厳しさは?
  • 具体的な自己成長、スキル、人脈は? 
  • キャリアプラン 
  • インフラ部門で社員一人一人に求められる資質なり意識は? 
  • 新人に対して、どんな価値観や強みを持った人材を求めているか、それはなぜか 
  • 日本のインフラ業界の問題について。特にゼネコン。
  • インフラ事業の今後の可能性。伸びる? 
  • インフラ事業における他社との大きな違いは? 
  • 他社に比べてユニークな点 
  • 一般的な日々のタイムテーブルは? 
  • 社員の不満、会社として改善すべき点 
  • 休みはどれぐらい?(残業・連休・有給) 
  • 社員の性格は? 
  • 社内風土、企業体質、企業理念の特徴は?
  • 年収水準は?
  • 人事評価の仕組みには納得性が高い? 

OB訪問が役に立ったこと

そのOBの方自身のことを知ることができたのが良かった。どういう想いで働かれていて、どういう生活を送られていて、プライベートをどう捉え生活しているか、など。一緒に働くことを知ることが私にとっては重要だった。

2. 電通内定者BさんのOB訪問

OB訪問のアポイントメントの取り方

ゼミの先輩、知人のネットワークから紹介してもらった。大学のキャリアセンターは全く活用しなかった。夏のインターンが始まる頃から、ぼちぼちOB訪問をしていた(名刺を作っておくといいかも)。ペース的には月に4、5人ペース。当初はアポ取りのメールにすら手こずる状態だったが、だんだんと経験値をためていくごとに社会人とのコミュニケーションは円滑になっていったと思う。

OB訪問の事前準備・気をつけたこと

1. OB訪問を面接だと思ってしっかり準備すること

これは非常に大事だと思う。面接ということは、何事も準備しなければならない。少なくとも、業界の動き、訪問企業の事業領域&強み・弱み&今後の経営戦略などを頭に入れた上で、なぜ御社を志望しているのか?(志望動機)、御社で何をやりたいのか?(自分の意思の強さ)、そして自分はどういう人間なのかを、ちゃんと「自分の言葉で語れる」ように意識した(もちろん、最初はてんやわんやだった)。要は場慣れ。

2. コミュニケーションの工夫

OB訪問で会ってくれる方は、みんな自分の時間をつぶして会ってくれる。ということは 面談している時間は、その人にとってある意味で真剣に、ある意味で楽しくないといけないと思う。つまり、面談を楽しむ=楽しめるコミュニケーション、楽しもうとする姿勢が大事だと思う。その人が何を聞いて欲しいかを見極めて質問を作ることが肝心。これは本番の面接時に相手の面接官に対して何を言えば「心に刺さりそうか」を探る練習になった。今思えば、本番の面接でも、そんなに緊張せずに素の自分を出せたのはOB訪問の場慣れ&インターンがあったからだと思っている。

OB訪問時の質問内容

  • 企業文化や風土(どんな人が多いか?)
  • 業界の中のポジション(強み、弱み)
  • 業種別の仕事内容
  • 御社を一言で表すと? 
  • 働く上での心構え 
  • 入社前後においてギャップはあったか?
  • やりがいや面白さ(どんなときに楽しさを感じるか?)
  • 一番辛かったこと
  • 仕事上のジレンマ、悩み
  • 具体的な成長(スキル、人脈など)
  • 今後のビジョン

OB訪問が役に立ったこと

社会人との「会話」をする機会が少ないため、OB訪問を面接だと捉え、コミュニケーションをしっかりと取るという意識していたこと、そして、そういったコミュニケーションに慣れていたことが本番の面接でも「自信」となって役に立ったと思っている。また、会社の雰囲気や、自分とのマッチング度合いなどは、正直、会社説明会では深く理解できなかったので、社員の方とマンツーマンで同じ時間を共有できるOB訪問が大いに役に立った。

3. みずほ銀行内定者CさんのOB訪問

OB訪問のアポイントメントの取り方

サークルの先輩の場合は直接メールで連絡して会ってもらった。知人の知人の場合は、まず知人に連絡を取ってもらって用件を伝えてもらった後、連絡先を聞いて会ってもらった。

OB訪問の事前準備・気をつけたこと

絶対に遅れないこと。会って頂いたことに対して最初と最後に必ずお礼を言うこと。質問はなるべく多く用意しておくこと。

OB訪問時の質問内容

  • なんでこの企業を選んだか
  • 会社の自慢できるところは何か
  • 会社で当然とされている暗黙の了解 
  • ある程度の給与体系
  • 今まで辛かったこと
  • 実際に働いてみてギャップを感じたこと
  • 尊敬できる先輩はいるか、またそのエピソード
  • 面接でどのようなことを聞かれたか
  • 成し遂げたい夢
  • 就職活動のアドバイス 

4. 伊藤忠商事内定者DさんのOB訪問

OB訪問のアポイントメントの取り方

伊藤忠商事には先輩がいらっしゃいませんでしたが、商社業界という枠で三井物産と三菱商事の先輩を中心にOB訪問をしました。男性の先輩ばかりだったため、女性のお話も伺いたいと思い、お会いした先輩に紹介をお願いして女性の方からもお話を伺えたのが良かったです。

OB訪問時の質問内容

  • なぜ商社に入ったのか
  • 同業他社に比べて、御社の強みは?
  • 仕事をする上で大切にしていることは?

5. 博報堂内定者EさんのOB訪問

OB訪問のアポイントメントの取り方

広告代理店の選考対策セミナーで講師をしていただいた現役博報堂社員の方です。セミナー終了後に名刺をいただき、後日メールによりOB訪問のアポ取りをしました。

OB訪問の事前準備・気をつけたこと

情報収集については、採用HPは当然のこと、その会社のHP全てを見ました。特に、IR情報に掲載されているアニュアルレポートには1年間の経営方針や経営状況などが簡潔にまとめられているので一読の価値ありです(情報量が多いですが、自分の欲しい情報のみを収集すればいいと思います) 。


まとめ


いかがでしたでしょうか?

社会人と話をすることは心理的ハードルが高いものですが、就活でOB訪問をすることの重要性を踏まえると、勇気を出して挑戦してほしいと思います。

(ジョブ吉)

Pocket