【おすすめ】お金を節約できる就活サービス

Pocket

就活には「お金の苦労」が付き物です。

就活でお金を節約している猫
  • スーツや鞄、靴などの服装にかかる費用
  • 選考や会社説明会、就活セミナーなど移動の度に発生する交通費や飲食費
  • 証明写真や履歴書、就活対策用の書籍などの費用

就活にかかる費用を合算すると、とても大きな金額になることは想像に難くありません。

就活にかかった費用は全国平均で16万1312円という調査結果もあります(下記参照)。

参考:株式会社サポーターズ プレスリリース

そんな中、近年では、就活でお金を節約できる就活サービスが生まれ、徐々に就活中の方々に利用され始めています。

あなたは、これからご紹介する就活サービスをいくつ知っているでしょうか?

<目次>

  • 交通費を節約できる就活サービス
    – サポーターズ
    – 交通費の節約術
  • 被服費を節約できる就活サービス
    – カリクル
    – 被服費の節約術
  • 宿泊費を節約できる就活サービス
    – 就活シェアハウス
    – 宿泊費の節約術
  • 飲食費を節約できる就活サービス
    – CAMPUS PLUS
    – BEYOND CAFE
    – 知るカフェ
    – ニクリーチ
    – 食費の節約術

交通費を節約できる就活サービス


サポーターズ

特徴

サポーターズを通して説明会や選考会に参加すると、 交通費として1,000円~10,000円の支援金をもらうことができる。

交通費の節約術

・帰りは新幹線ではなく高速バスを使う
例えば、東京−大阪間で比べると、新幹線料金13,620円に対して高速バスは3,000円〜5,000円台。その差は歴然です。ただ、高速バスは移動時間が長いので体に負担がかかります。ベストコンディションで選考に臨む観点では、行きは新幹線(または飛行機)にして、帰りに高速バスを使うことをおすすめします。

・就活系のスケジュールを集中させる
交通費が支給される企業の説明会がある場合は、その日程に他社のスケジュールを合わせることで、かなりの節約が可能です。

・Web説明会などのオンライン就活を活用する
近年はオンラインの会社説明会を実施する企業も増えてきています。Webセミナーは大手就活サイトで探すこともできるので、そういった機会を有効活用しましょう。

・1駅2駅ぐらいの近距離であれば歩く
東京都内の山手線など、駅の区間距離が短い場合は徒歩移動で交通費を節約できます。


被服費を節約できる就活サービス


カリクル

特徴

スーツを無料で借りることができ、就職活動が終わるまで返却不要。

被服費の節約術

・知人から譲ってもらう
サークルや部活のOBOG、研究室やゼミの先輩、アルバイト先の社会人などの知人から就活スーツや就活バッグを譲ってもらえないか聞いてみましょう。

・メルカリで安く買う
就活スーツは就活シーズンしか着用しない人もいるので、メルカリなどのフリマアプリで安く買うのも有りです。


宿泊費を節約できる就活サービス


就活シェアハウス

特徴

就活生限定のシェアハウス。1ヵ月4万円前後、短期滞在は1泊約2,500円で利用可能。全物件が家具・家電付き。

宿泊費の節約術

・知人の家に泊めてもらう
これが一番節約になりますが、異性の知人の家に泊まるのはできるだけ避けることをおすすめします。

・ネットカフェを使う
ネットカフェであれば完全個室でも1,000円台で宿泊できるお店も有ります。(例)カスタマカフェのナイトプラン

・カプセルホテルに泊まる
ネットカフェの利用に抵抗がある場合はカプセルホテルを利用するのも手です。2,000〜3,000円台で宿泊可能な所も有ります。(例)オークホステルキャビンの宿泊予約・料金比較


飲食費を節約できる就活サービス


CAMPUS PLUS

特徴

キャンパスプラスは学生のためのワンコインラウンジ。1日500円で利用し放題。Wi-Fi・電源完備。フリードリンク。プロジェクターやホワイトボードも無料貸出。場所は秋葉原。

BEYOND CAFE

特徴

月曜日から金曜日までの平日11時〜18時までの時間を自由に使用可能。電源とwifiを完備。無料のドリンクバーも自由に利用できる。場所は渋谷。

知るカフェ

特徴

就活生だけでなく大学生1年生から院生まで無料で利用可能。電源・wifi完備、ドリンク無料。場所は関東・関西・名古屋・福岡・アメリカ・インド。場所の詳細はこちら

ニクリーチ

特徴

「お肉を食べに行きませんか」というスカウトが届く。

食費の節約術

・飲み会に行かない
1回あたり数千円はかかることを考えると、飲み会の頻度は抑えることの節約インパクトはとても大きいです。

・マックやサイゼリアを利用する
これは食費とカフェ費を同時に節約する方法の王道です。

・水筒を持ち歩く
割と自販機やコンビニで飲み物を買っている自覚がある人は、水筒を持ち歩くだけで結構な節約になります。

・カフェ利用を絶つ
カフェの利用目的が「次の予定までの時間潰し」であれば、それは公園や商業施設の休憩スペースを使うことでも代替可能です。


まとめ


いかがでしたでしょうか?

これらのお金を節約する就活サービスの情報が、あなたの就活での「お金の苦労」をやわらげるための助けになれば嬉しく思います。

(ジョブ吉)

Pocket

スポンサーリンク